トレーニングウェア・ジムウェア・フィットネスウェア通販

menu

make up beauty -カジュアルコーデに合うメイク-

2018年11月14日 beauty

どの角度から見てもカッコいいカジュアルメイク。
ポイントは目元にラメグリッターで華やかにし、リップはマットにすることで今年らしいマストスタイルなメイクの完成です♪

 

本日は、カジュアルコーデに合うメイクアップをご紹介します。

 

モデル

チャベス愛( @ai_officialx

 

 

movie

 

 

 

ベース

 

①下地でステップ1のスムージングを塗っていきます。*下地に使用することでメイクを崩しにくくします。


②③④ウルトラHDコンシーラを目頭下、頬骨高い所、眉骨下に塗る。目の際を外側から内側に向かって塗ります。


⑤マットベルベットスキン コンパクトファンデーションのスポンジの白い面を使用することでサラッとした仕上がりに。


⑥同じスポンジの黒い面を使用することでカバー力UP。

 

 

 

①プロスカルプティングブロウを眉山から眉尻に向かって描く。


②眉毛が抜けている所か描くことがポイント。


③眉山から上を整える。

 

 

アイメイク

 

①ウォータープルーフのアイシャドウペンシル、アクアマティックをまぶた全体にのせていきます。


②目の下も塗ります。


③④濃いスターリットアイパレット、またはアーティストカラーシャドウを目頭、目尻に三角形を描くようにのせ立体感を出します。黒目の上側には濃いアイシャドウはのせない。


⑤まぶたの中央にアイシャドウをのせグラデーションをつくる。


⑥まぶたの中心から外、目頭から中心に向かって繋げるようにアクアエクセルでアイラインを引いていきます。

*まつげとまつげの隙間を埋めるようにラインをひく。

 

 

⑦まぶたの中央にベルベットバームを付けラメが落ちないようにします。


⑧まぶたの中央にスターリットグリッターを重ねます。


⑨ダマにならないようにアクアスモーキーラッシュを塗っていきます。


⑩目元完成。

 

 

 

チーク

 

健康的な印象を演出したい時は、黒目の下に丸く円を描く様にチークのアーティストフェイスカラーを塗っていきます。

 

 

リップ

 

①アーティストリキッドマットを中心から塗っていく。


②乾くとマットな仕上がりに。

 

 

完成

 

 

 

まとめ

 

今季のマストメイクがカジュアルコーデをより一層お洒落に演出♪目元をグラデーションにし、ラメグリッターを重ねることで目力UP。

リップをマットなカラーにすることでカッコいい仕上がりになります。

「マットベルベットスキンコンパクトファンデーション」を使えば、一日中ナチュラルな肌をキープすることができるので、気分的にもナチュラルに過ごせることでしょう。パウダー自体が水をはじくので、時間が経っても崩れたりよれたりすることを防ぎます。フルカバレッジなのにまるで素肌のような素晴らしい使い心地を、ぜひこの機会に体験してください。

 

 

今回メイクをしてくださったのは「MAKE UP FOR EVER」

メイクアップフォーエバーは、「プロによる、プロのための、プロフェッショナルコスメティックスブランド」として、メイクアップアーティストであるダニ-・サンズがパリに1984年創設。その後、ブランドの拡大と共にLVMHの傘下に入り全世界50カ国以上に展開するブランドに成長。

現在では、その豊富な品揃えと機能性、プロフェッショナリズム、メイクアップ技術の教育を特徴として、プロだけでなく幅広いユーザーに愛用される国際的なブランドです。

www.makeupforever.jp

SNS

https://www.instagram.com/makeupforeverjp/

https://twitter.com/makeupforeverjp

https://www.facebook.com/makeupforeverjapan

 

今回使用したメイクアイテム

コメント

お名前

内容をご確認の上、送信してください。