トレーニングウェア・ジムウェア・フィットネスウェア通販

menu

◆片岡麗香 ROAD TO OSAKA MARATHON #6 完結

2018年11月28日 workout

TEAM hirodyフィットネス女子、片岡麗香が大阪マラソンに挑戦してきました!!


トータル・ワークアウトの志水トレーナーの指導をいただき大阪マラソンに挑戦した片岡ですが、無事完走できたのでしょうか。


今回は私片岡が、インスタグラムの動画も使用して大会風景をご紹介♪
これから初めてフルマラソンに参加する方は流れがわかるので是非参考にしてみてください。

 

ライター:片岡麗香( @reikakataoka

 

◆片岡麗香 ROAD TO OSAKA MARATHON #1 膝の痛みと改善方法」はこちら
◆片岡麗香 ROAD TO OSAKA MARATHON #2 腰痛と改善方法」はこちら
◆片岡麗香 ROAD TO OSAKA MARATHON #3 トレーニングスケジュール」はこちら
◆片岡麗香 ROAD TO OSAKA MARATHON #4 ストレッチ」はこちら
◆片岡麗香 ROAD TO OSAKA MARATHON #5 食事」はこちら

 

 

■前日

 

まずは会場に行きゼッケンをゲットします。
会場はマラソンフィニッシュ場所のインテックス大阪です。
11月13日(金)~11月25日(日)と3日間行われた「大阪マラソンEXPO2018」は会場も大変賑わいフォトジェニックな場所がとても多かったです。
なんといっても大阪♪ご当地絶品グルメも沢山ありました。

 

 

 

ランナー受付は11月23日(金)~11月24日(土)11:00~19:30(19:30最終受付)
最終受付の時間を過ぎると例え電車の遅延でも受け付け出来ない為、時間に余裕を持って行きましょう。
片岡は最終受付ギリギリに行って相当焦って走って行ったそうです。


大きいマラソン大会はゼッケンの受け取りは、前日か前々日になります。
当日のゼッケン受け渡しは一切行っていない為気を付けましょう。
また、本人の受け取りや本人確認の為の身分証も必要なので忘れないようにしましょう。


ちなみに名古屋ウィメンズマラソンは性別がわかる身分証が必要とのこと。
大会によってゼッケンの受け渡し等が違う為、前もって確認をしておくことが大事です。


なお、ゼッケン受け取り気分が高揚した片岡は、その後心斎橋に行ってたこ焼きを食べたそうな。

 

 

■当日:朝

 

いよいよ本番!!
朝5時15分に起床
7時におにぎり一個、栄養ぜリーとアミノパウダーを摂取。


会場に行くまで緊張しまくりな私片岡。
1年半ぶりのフルマラソンで途中の辛さも知っている為、「なぜ自ら辛いことに向かうんだろう」と自問自答。
42.195キロ、、、長い距離ですよね。
とにかく完走したいです。

 

 

 

 

スタートは大阪城!!天候は晴れ。
気温は7度、少し肌寒いですが走るにはベストな温度で当日を迎えました。

 

素敵な景色からスタート出来る大阪マラソン。
秋の紅葉も感じられ、最高なスタート場所です。

 

透明ビニール(雨カッパ)を着ることで風の冷たさを抑えることが出来ます。
マラソン大会はスタート地点に集合してからスタートまでの時間が長くからだが冷え切ってしまいます。


その為、100均に売っている雨カッパなどを着ておきスタートと同時に捨てちゃいます。
会場にはゴミ箱が沢山設置されているので安心してください。

 

 

 

女性の方はTシャツの下に長袖を着ることで紫外線予防にもなります。吸水性のあるものがおススメ♪
ウエストポーチの中身はアミノ酸パウダーと携帯、iPodのみ。
過去二回のマラソンではおにぎりを持参しましたが、今回は軽さ重視で!

 

 

 

トータル・ワークアウトの志水トレーナーに教えていただいたストレッチで準備運動を開始。

 

 

これから使う筋肉をしっかりストレッチを行い、脚にかかる負担を少しでも軽減させましょう。

 

もう少しで本番、、緊張がピークに達します。

 

 

 

■スタート集合地点

 

 

人が多いですね。
ここからスタート地点まで少し距離があります。
この場所で約45分待機、、、少し寒いとのことですがまだまだ元気です。

 

 

 

■9時!!いよいよスタート

 

 

皆の拍手とともにとうとう大阪マラソンが始まりました。
片岡の集合場所からスタート地点まで少し距離がある為、スタートと同時に走りだすことはありません。
スタートとともに走るのは、プロの選手のみなのでここは焦らずゆっくり行きましょう。

 

 

 

いよいよ走り出します。頑張って行きましょー!

 

 

今年の大阪マラソンはチャレンジラン(8.8キロ)の2,000人を含み32,000人が参加!!
フルマラソンでは男性が23.125人、女性が7.113人と男性が多いです。

 

 

 

このようにとにかく人が多いです。
まずは自分のペースで走るように意識しましょう。
他の人たちに釣られて走るといつものペースと違い体力が持たなくなってしまいます。

 

 

 

 

■10キロ地点

 

 

タイム 01:04:03

まだまだ余裕です。この調子で行けば簡単に完走出来そうです。

 

給水ポイント
5キロ アクエリアスを口に入れるが飲まない
7.5キロ 水を口に入れるが飲まない
10キロ アクエリアス少し飲む

 

 

■15キロ地点

 

 

 

トイレタイム
あまり並んで居なかった為、5分程並んでおトイレに行けました。

 

この時もまだ余裕でした♪

最近10キロは走っていたので日頃の練習の成果を感じました。

 

タイム 01:36:15

 

給水ポイント
12.5キロ 水を口に入れるが飲まない
15キロ アクエリアス1杯、アミノ酸パウダー

 

 

■20キロ地点

 

 

タイム 02:19:07

 

10キロまでは練習してたので全然余裕だったんですが、15キロ超したあたりから股関節の痛みと、足が重くなりました。
こういう時、もっと練習しておけば良かったと猛烈に思います(笑)

志水トレーナーに週に1回は20キロ走ろう言ってたよなぁー。。。


まだ半分も走っていないし、、、怖くて考えることをやめました。

 

給水ポイント
17.5キロ アクエリアス何口か飲む
23キロ  アクエリアス何口か飲む

補給ポイントでバナナ半分食べました

 

このあたりから観客の方達が選手の為にチョコや飴など選手に嬉しい補給アイテムを配ってくれています。

それが本当に嬉しいし、何と言っても美味しい!!

私はこの美味しさの為に走っているんだと思う程の美味です♪

 

 

 

■25キロ地点

 

 

そして二回目のトイレタイム
10分位は並びました。


タイム 02:57:44


実際この時はまだ26キロ地点で、、、

脚も上がらなくなってきて、自力で脚をあげることがもうきつかったのでちょっと高めな台に足を乗せてストレッチしました。

10分くらいしっかり行ったらだいぶ楽になったような気がします。


給水ポイント
25キロ アクエリアス、アミノ酸パウダー摂取
27キロ 炭酸ジュース飲む

 

町の人たちの声援が凄い嬉しい、声援があるから頑張れます。

 

■30キロ地点

 

タイム 03:46:39


32キロ地点で「食いだおれエイドステーション」がお出迎え。


たこ焼き、いなり寿司、どら焼きなどなどナニワ名物が約30食近く揃う!!
片岡が着いた時にはたこ焼きが無かったので、「いなり寿司」「ドライフルーツ」「冷やしパイン」「らっきょう」をゲット

 

どれもこれも全部美味しい♪

食べ物がからだに染みわたるのがわかります

 

こんな美味しい物が食べれて生きててよかったーと心から思えます。

 

 

いつもはうるさい程よく喋る私ですがさすがに疲れっ切っています、、、
あと10キロで完走、、、前に進むしかない!!


給水ポイント
30キロ アクエリアス軽く飲む
32.5キロ 水軽く飲む
35キロ 炭酸ジュース飲む
38キロ 炭酸ジュース飲む
40キロ 水一口飲む

 

 

■42.195キロ

 

あと少し

 

 

そしてフィニッシュ!!
タイムは05:32:14(グロスタイム05:50:17)

 

 

目標の4時間台には届きませんでしたが、無事に走り切りました。

 

 

 

安心したのか涙がポロリ、、、有森裕子選手の名言「自分で自分をほめたい」という言葉が頭を過ります。

 

 

 

 

完走賞としてフィニッシュタオルとメダルをいただきました。

途中本当に辛かった分、完走出来ると凄い嬉しいです♪

 

トータル・ワークアウトの志水トレーナーのアドバイスのおかげで腰や膝関節に痛みが一切起こらなかったです。

今まではトイレに4回行ってたんですが、今回は2回で済みました。

 

途中足が重くて上がらなくなったんですが、ストレッチを少し行うだけで脚の感覚がだいぶ変わります。

終わった直後もスグにストレッチを行ったので、今までよりも筋肉痛が少ないです。

走り終わった後はすぐに筋肉も硬直状態で伸ばすのも辛くて座りたくなりますが、しっかりストレッチを行い頑張ったからだを休ませてあげてください

 

 

 

■まとめ

 

無事完走出来て良かったです。
途中の20キロ近くが今回一番辛かったです。股関節は痛いし、脚も痛くてどんどん重くなるし。
30キロ近く行くと、歩いてても辛いし止まると走れなくなりそうでただただ前に進むしかいけないって状況でした(笑)走りながら「なぜ私は走ってるんだろう・・・」「ツライ」ばかり考えてましたが、やっぱり完走した時の達成感は凄いです♪


そして町の人たちの応援も凄く嬉しくて、いろんな人たちがチョコとか飴とかくれます。一番嬉しかったのは乾し梅かな、、、からだに染みわたりました。
後半近くになると、コーラやスプライト、ファンタグレープが給水ポイントで出てきますが。この世の飲み物とは思えない程美味しいです(笑)


来年も子どもの未来を支えるチャリティーマラソン「チャリティーランナーマッチョ隊」で大阪マラソン走る予定です。
来年こそは4時間台で完走したいです。

 

 

 

NPO法人み・らいず2

世界中の子どもたちが安心して学び、運動出来る環境づくりを行っている。

まだまだ日本で認知されていない子どもの貧困問題解決の支援をしています。

http://me-rise.com/

 

コメント

お名前

E-mail※公開されません

内容をご確認の上、送信してください。